BudoonoMori Wedding

フェア予約 カタログ請求

Planner Blog
プランナーブログ

フォトウェディング(フォト婚)とは?どんなカップルにおすすめかご紹介!

昨今は結婚式のスタイルが多様化してきており、ハウスウエディングをはじめ、ガーデンウェディングやナイトウェディングなどが注目されています。その中でも近年、人気になってきているのがフォトウェディングです。

そこで今回は、フォトウェディングを考えているカップルにむけて、フォトウェディングを行うのに適している方やメリットとデメリット、おすすめスポットなどについて解説します。

「フォトウェディングをしたけど失敗した!」と後悔しないように、事前に調べておくことで、おふたりの大切な区切りとなる1日を、最高に素敵な1日にしましょう♪

フォトウェディング(フォト婚)とは?

フォトウェディングとは、別名「フォト婚」とも呼ばれている結婚式スタイルで、結婚式を挙げないカップルが、結婚式を挙げる代わりに行う写真撮影のことです。

フォトウェディングでは、ウェディングドレスやタキシードなどの衣装を着用して、結婚式場のチャペルやガーデン、海や庭園などをロケーションに写真撮影を行います。新郎新婦2人だけで撮影することもできますが、ご家族やご友人に見守られながら実施することも可能です!一緒に撮影した写真は一生の記念になりますね◎

フォトウェディングはどんなカップルにおすすめ?

フォトウェディングは、次のようなカップルにおすすめの結婚式スタイルです。

  • ・時間や手間をかけずに結婚の記念となるものが欲しい
  • ・授かり婚で結婚式をする余裕がない
  • ・再婚で結婚式を挙げるよりも記念だけ残したい
  • ・入籍した当時に式を挙げられなかったけど、ウエディングドレスを着た写真が欲しい
  • ・ゲストを呼ぶことに抵抗がある、恥ずかしい
  • ・予算面で余裕がない

上記のように、結婚式は挙げたくない(挙げられない)けど何か形には残したいカップルにフォトウェディングが人気です。

フォトウェディングと前撮りとの違いは?

フォトウェディングに近いものとして「前撮り」があります。どちらもドレスやタキシードを着て写真撮影しますが、このふたつには大きな違いがあります。

フォトウェディングは、結婚式を挙げないカップルが行う写真撮影だけの結婚式のこと。前撮りは、結婚式を挙げることを前提として、結婚式前の別の日に写真撮影することです。前撮りを行うことでウェルカムボードや披露宴の演出ムービーなど、結婚式当日の演出に使うことができます。

フォトウェディングのメリットとデメリット

次はフォトウェディングのメリットとデメリットをご紹介します。

普通の結婚式は挙げずにフォトウェディングのみを挙げたカップルの中には、下調べをしなかったことで公開してしまった方もいるので、しっかり覚えておきましょう。

フォトウェディングのメリット

フォトウェディングには、下記のようなメリットがあります。

  • ・結婚式を挙げるよりもコストを圧倒的に抑えることができる
  • ・準備期間が短い
  • ・結婚式場との打ち合わせが1〜2回ほどで済む
  • ・場所にとらわれることがない(新婚旅行も兼ねて選べる)
  • ・ゲストを招待して一緒に写真に写ることもできる
  • ・気を遣うことなく自由にできる

一般的な結婚式は費用が高く準備期間も長いためお金と労力がかかりますが、フォトウェディングなら低予算・少ない労力で挙げられるのが魅力です。

フォトウェディングのデメリット

フォトウェディングには、下記のようなデメリットがあります。

  • ・ロケーション撮影の場合は天候に左右される
  • ・ゲストがいない場合はお祝いムードが味わえない
  • ・カメラマン・美容師の初顔合わせが当日となる

フォトウェディングは当日の天候やスタッフとの相性が悪いと後悔する結果になることもあるので、契約時にしっかり打ち合わせすることが大切です。また、たくさんの友人に祝福される結婚式に憧れがある方には向かないかもしれません。

フォトウェディングの価格相場

フォトウェディングの価格相場は10~20万ほどになります。一般的な結婚式の価格相場と比べて100万円以上安いのは魅力的ですね。

ただしこれは基本プランの料金であり、次のようなオプションを希望すると値上がりします。

  • ・リゾート地での撮影を希望する(撮影申請料や出張交通費など)
  • ・グレードの高い衣装を希望する
  • ・カメラマンを指名する
  • ・土日祝日の撮影を希望する
  • ・撮影データをアルバムにする
  • ・撮影時間がオーバーする
  • ・挙式や会食を付ける

フォトウェディングを挙げるカップルの中には、価格重視でオプションをまったく付けない方もいますが、その結果「望んでいた写真が撮影できなかった。。。」と後悔してしまう方場合もあるので、価格だけでプランを選ばないように気をつけましょう。

フォトウェディングのおすすめスポット

次はフォトウェディングでおすすめのスポットを紹介します。

  • ・ウェディングドレスを引き立たせる「海」
  • ・四季を楽しめる「日本庭園・紅葉」
  • ・和装が映える「神社・お寺」
  • ・結婚式体験ができる「結婚式場」
  • ・二人の出会った場所・趣味となる場所
  • ・人の目を気にすることなくリラックスして撮影できる「ハウススタジオ」

写真撮影する際はロケーションも大切ですが、それと同じくらい大切なのが季節です。フォトウェディングに一番適している季節はズバリ春!春は天気の良い日が多く、暑さや寒さを気にしなくて良いです。また花嫁さんはヘアメイクが崩れにくいので最後まで最高のコンディションで撮影に臨むことができます。

フォトウェディング当日の準備

最後にフォトウェディング当日の持ち物、服装やヘアメイクなどについてご紹介します。

当日の持ち物は?

フォトウェディング当日に必要な持ち物は次のとおりです。

  • ・婚約指輪・結婚指輪
  • ・撮影用の小物類(あれば)
  • ・衣装用の肌着と下着
  • ・ヘアセット、ヘアメイク

また、写真撮影時にどんなポーズで撮ればいいか悩まなくて済むよう、事前にどんなポーズで撮りたいかイメージしておくことも大事です。

当日の服装やヘアメイクは?

撮影用の衣装は撮影会場に着いてから着替える事になるので、自宅から撮影会場までは普段着で構いません。ヘアメイクに関しては、美容師さんにメイクをしてもらう予定なら化粧をせずに向かいましょう。ただしヘア・メイクにこだわりがあったり、プランに含まれていなかったり、美容師さんにお任せしない場合は、ご自身でヘア・メイクをしてから会場へ向かうことになります。

当日、雨が降ったら?

室内での写真撮影であれば気にする必要はありませんが、外のロケーションで写真撮影をする場合は、雨が降ってしまう可能性もあります。もし撮影当日に雨が降った時の主な対応は次のとおりです。

  • ・日程を延期する
  • ・室内の撮影に切り替える
  • ・できる範囲内で撮影(雨天時ならではの素敵なショットを撮れる)

フォトウエディングは準備から当日までの期間が短いため、撮影当日の天気が予想しやすいです。どうしても日程変更をしたくないという場合は、雨が降らない季節を選んで撮影すると良いかもしれません。撮影当日に日程を延期する場合は延期料金がかかる可能性もあるので、事前の打合せで確認すると良いでしょう。

フォトウェディングのまとめ

結婚式は挙げたくない(挙げられない)けど何か形には残したいカップルに人気のフォトウェディング。一般的な結婚式よりも価格が安く、準備することが少なくて魅力的ですが、その分、スタッフとの打ち合わせ回数が少ないので、しっかり話し合わないといけません。

どんなフォトウェディングにしたいのか、お二人で話し合い、具体的な撮影イメージや撮影場所などを決めてからお店に行って相談するようにしましょう。